【保存版固定費の見直し方】月収約13万円で楽ではないが楽しく生きていく!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東根市地域おこし協力隊の井上です。yusukeblog@130(Twitter)

こんな感じで見直してます。4649

皆さん、おはようございます。こんにちわ。こんばんわ。

井上 裕介、29歳、男独身、職業は東根市地域おこし協力隊です。

いきなりですが、月収13万円(手取り)です。

別に開き直っているわけではありません。(強がり)

生活していく上では、お金は大事。

しみじみ思います。

大事だからこそ、固定費の見直しは大事な事に気がつきました。

この思いをみんなに伝えたくて、読んでほしくて書く事にしました。

固定費を見直そうと思ったきっかけは、収入の変化自営業でやっていくと決めたので、よりお金を蓄えないといけないと決心したからです。

収入の変化

以前は東京で不動産の営業をしていました。

その時の収入と支出です。

東京在住時

収入

給与 約30,0000円(手取り)

支出

家賃 約70,000円(流石、東京)

携帯、インターネット代 約20,000円(スマホ、タブレット、Wi-Fi合算)

生命保険 約20,000円(投資商品、掛け捨て含む 計2社)

GYM代 10,000円(当時も地味に通ってました。)

ガソリン、駐車場代 約20,000円(大型バイクに所持)

食費 6〜70,000円(ほぼ、外食でした、、今覚えば、外食最高。)

交遊費 3〜40,000円(あぁ楽しかった。)

水道光熱費 約10,000円

支出合計:約260,000円

山形県で地域おこし協力隊として活動

収入

報酬 130,000円

支出

家賃なし「流石、協力隊」、本当に本当にありがとうございます。

※本来なら54,000円かかります。

携帯インターネット代 約8,000円(タブレット解約格安SIMに変更

生命保険 2,000円(掛け捨てonly)

GYM代 約5,000円(ナイトパックにしました。)

整骨院代 13,000円(農業は体が資本なので 汗)

水道光熱費 約12,000円(冬はガス代、電気代が3、4倍、怖い)

食費 20,000円(もちろん自炊)

ガソリン代 約10,000円

交遊費 約15,000円(ちょっとは遊びたい、遊ばせて)

支出合計:約85,000円

比較

お気づきの方はいらっしゃると思います。

手残りはほぼ変わりません。

むしろ、山形の方が5,000円多いという謎の現象、

東京在住時は無駄が多かった、、、

特に家賃がデカい。

東京の時にこの技術を習得しておけば、より多く貯金できたと、悔やんでも悔みきれない。

とはいっても、東京は怖い場所だ。

誘惑がいっぱいあるんだ、とにかくいっぱいあるんだ。

満員電車と人の多さでストレスの溜まる環境MAX、僕には合いませんでした。

冗談はこれぐらいにしておいて、人間は環境が変わればなんとかする、気持ちが変わればどうにでもなる、という事がわかりましたね。

収入が下がるとわかっていて、なぜ協力隊になったのか

まとめると「この3つ」です!

・家賃が無料が輝いて見えた。

・さくらんぼ農家に興味あった、いや覚悟を決めた

・生活をさせてもらいながら、独立する技術を勉強する事ができる

支出の欄で「家賃」が大半を占めている方は多いと思うので、「家賃」について書いていきます!

協力隊の募集要項を見ていて、、、

自分自身の収入の中から家賃を払わなくていい、という好条件に気付きました。

給料をもらって家賃を支払う(東京在住時、むしろこれが一般的)

額面給与 → 色々控除 → 手取り → 家賃を支払う → その他支払い → 他自由に使える、貯金

協力隊(山形在住)

家賃の支払いは市役所から支払われるので私の収入から家賃の支払いはない。

額面報酬 → 色々控除 → 手取り → 支払い → 他自由、貯金

この二つを見て、何が言いたいかと言いますと、支払う家賃分に対して節税になっている事に気付きました。

それは協力隊である今、僕個人とは別の財布(市役所)から家賃を支払っている状態です。

僕自身の月々の大きな支出が一個、消えた感じです。

家賃分(約54,000円)は僕自身の収入とみなされないし、僕の年収の中に入ってくる事がないので、その分の税金を納める必要はありません。

これを考えると家賃の支払いがない事の大きさを実感しました。

なので、スタートの時点で固定費の見直しは始まっていました。

こういった環境に身を置くことをお勧めします。

家賃は最大級の固定費といってもいいので、

これが地域おこし協力隊の魅力でもあります。

見直すキッカケ、何の為に見直すのか自分と向き合おう

・見直すキッカケ

僕の場合は、収入が減り限られた時間内(任期)に独立するという目標があります。

・何のために見直すか

目標や目的がないと何の為にやっているかわからなくなって、長続きはしないと思います。

僕自身の事例ですが、

農業は「土地」、「農業機械」、「資材」、「人経費の余力金」、など必要になりますので、色々考えなければいけません。

必ず資金確保をし、準備しなければなりませんでした。

これが行動しなければいけない最大の理由でした。

固定費を一から見直そう

固定費見直す前に収入上げれば良いじゃん、っていう方いると思います。わかります、僕だって、簡単に上げれるものなら上げたい、この世の中、2019年10月1日「消費税10%」に上がってしまった。好景気か不景気かもわからない「カオスな世の中」と僕は思う、いや、完全なる不景気だろうと個人的には思っている、、、なんなら好景気?そんなもん味わった事がない、そう僕は「ゆとり世代」です。だから、あまり「ゆとり世代」をいじめないでほしいと願う、その中で給料上がった、「イエーイ」なんて声、聞いたことありますか?もしいるなら今すぐ山形に来て私と一緒に飯でも行きましょう。そして朝まで語りましょう。その方法を聞かせて下さい。

すいません、話がそれてしまった。

いろんな気持ちが溢れてしまった。。。

攻めも大事ですが、それ以上に守りは大事だと思います。

収入が増えた時、この守りを習得している場合としてない場合では天と地の差が開くと思います。

私自身、現状として、攻めを忘れたわけではありません。

攻めをした上、それ以上の守りを強化している、そんな感じです。

この記事は「固定費を見直し、楽しく生きていく」です。

「守りの重要性」を知って頂きたいのです。

これができれば、生活はガラリと変わると思います!

まずは、、、

お勧めのやり方はノートに書いたり、スマホでメモを活用したり、今の時代マネー管理アプリもあります。一円単位で月々の支出を把握することから始めましょう!

僕の中で見直せる最大の固定費は以下の通りでした、(自分の最大の固定費を知ろう)

・携帯、インターネット代

・生命保険代

・食費(一人で食事をする場合の)

・水道光熱費

でした。(人によって違うと思います。)

これは大抵の人が抱える固定費だと思います。

では個別、具体的に説明していきたいと思います。

携帯、インターネット代

最初のステップとして、あまり使っていなかったタブレットを解約しました。(これだけで月約5000円の見直しに成功

次の考えとして、、、

見直し前
見直し後

見直し前は約15000円 → 見直し後、約8000円に、月約7000円の見直しに成功

当時、キャリアはドコモでした、タブレット、インターネット共にドコモで契約していました。(上記ドコモ支払い写真はタブレット金額は含めません。)

スマホとインターネット、セットで継続しさらに固定費を下げれないか試してみました。

変更の手続きとか色々めんどくさそうだったので、できればキャリアは変えたくなかったですが、料金を下げる事に限界を感じました。(当時2018年7月ぐらい?のプランでは)

で、どうしたか、、、

格安SIMですね、僕は「楽天ポイントゲッター」でもありますので「楽天モバイル+インターネットも楽天」に変更しました!

楽天モバイルはドコモの電波を使っているので安心したというのも理由です。

あと楽天ポイントも余分にもらえます!(毎月200ポイント、これはでかい!普通に200ポイントもらおうとすれば、20,000円分使った換算)

生命保険代

見直し前は約20,000円 → 見直し後は2,000円 

何の為に保険に入っているか考えました。

独身や世帯もち、その人によって加入する保険は変わってくると思います。

守る人がいる場合はしっかり考えて、加入した方がいいと思います。

僕の場合は、何と言っても「男独身」、「彼女なし」、「ただの筋トレ野郎」ですので、失うの物は何もありません。

当時加入していた保険は投資商品も含めて手厚い内容の保険に入っていましたが、自分が死んだ時の為にお金を使う事にバカらしくなり、今を生きようと決めました。(この記事、一番の決め台詞)

とはいっても入院した時や怪我した時の為の「掛け捨て型」、何もなかった時にはキャッシュバックがあるタイプの商品にしました。(ちなみにこのタイプの保険は一年間入院なしで6,000円キャッシュバックがある)←やたら詳しいな、もちろん楽天

見直し後の保険

そう「楽天生命」もはや「楽天バカ」

食費(一人で食事する場合の)

東京に住んでいる時はほぼ毎日外食でした。(一食1,000円と考えただけでも、一日2,000円(ランチ、晩ご飯代)×30日で月約60,000円かかる計算)

「飲み」とかが加われば、それ以上にかかってました。

これは見直す価値はあると思いました。

そしてたどり着いた答えは「自炊」しかない。

と考えました。

※余談ですが、スーパーとかに行って、僕みたいな無駄にデカイ男が、買い物かごを持って食材を選んでる時は、「オレ、何してるんだろう、」と思いますが、

そんな事は一切気にしません。(笑)

自炊になれば、好きな食材を入れたとしても5,000円もいきません。(食材には妥協しない、我慢しない事がポイント、長続きの秘訣)

スーパーにいっても、10日に1回とかですので、月にすると10,000円〜15,000円ぐらいですかね。

自炊最強。そして「電気も楽天」笑

よって、見直し前は60,000円(安く見積もっても)から見直し後は15,000円(高く見積もっても)になり、45,000円の見直しに成功しました!

補足ですが、友人と外食する時は基本好きなものを食べるようにしています。

使うべきところはしっかり使う、抑えるところは徹底的に抑えるが、僕のモットーです。

水道光熱費

ここに関してはあまり気にしてません、(笑)

東京の時も山形に来てからも、多少冷暖房を我慢する時はありますが、

あとお風呂にお湯を溜めずに、シャワーだけにしたりとかもあります。

その程度です。

ここを我慢するとストレス溜まって自分には合わないと思いました。

支払いは全部極力クレジットカードにする!

ありとあらゆる支払いはクレジットカードで済ますことをお勧めします。

何でかって、、、そう、「楽天ポイントが貯まる」からです。(僕の場合は楽天推しなだけで、自分自身の「推し」を探してみましょう)

貯まる人生と貯まらない人生、どちらがいいですか?(なんか、どっかで聞いた事あるな)

「いくら使ったかわからなくなるー」、とか

「クレジットカードはなんか心配ー」、とか言われそうですが、

意識すれば絶対に管理はできます!

オススメ方法はスマホのメモを使うか、マネー管理アプリを活用する事ですね。

とにかくカードで支払えば、支払い履歴をアプリで確認できたり、明細とかも取り寄せできるのでオススメ!

僕のお金をかけるべき所(余談です。)

今回「月々13万円で楽しく生きていく」という事をテーマにしてますが、

そう、

これが「楽しく生きていく」の分野です!

どこかで我慢をしている分、ガス抜きは必要です!

使うべきところは妥協しずにしっかり使う事が大事だと考えます。

じゃなきゃ、長く続きません!

僕の場合は、

・GYM代 約5,000円

・整骨院代 13,000円(トレーニング&食事、指導込み)

になります!

二つ合わせても、月20,000円はいかないぐらいです。

今の僕にとっては「高額支出」ですが、こうやって発散する場所を作ってあげないと、やってられません。

具体的にはGYMは週に2、3回程で整骨院は月に2回通っています!

そこで体の「メンテナンス」、「トレーニング指導と食事指導」もしてくれます。そこで得た知識をGYMで放出する感じですね!

農業は体を使う仕事で、腰も悪い為、整体は高額ですがケチってられません(汗)

体が資本といいますので!!

ブラックな一面も、、、

なんかこれじゃあ、ただの充実野郎みたいになってますね。

こんな井上はつまらないと思っている方もいるかもしれません。。。

安心して下さい、、、

僕も人間らしいと事は山ほど持っています。

本当に僕がお金を使いたいのはこんな事ではない。。。

これじゃあ、ただの偽りにすぎません。

すいませんでした。

そう、僕が好きな事は「SANZAI」、「散財」です。

滅多に出ませんが、「ハングオーバー(映画)」級の「散財」なのです。(これまじ)

これは、やめられない、、、超絶級

共に遊んでくれた仲間達、全力のありがとう。

流石の僕もこうして本当の毒を抜かないとやってられません。

散財とは:不必要なことに金銭を使うこと。また、色々なことで金銭を多く費やす事。(コトバンク参照)オブラートに包んでくれてありがとう、コトバンク様。

まとめ

今回、「固定費の見直し方、13万円で楽しく生きていく」というテーマで僕自身の経験や実際、行動に移した実践法を具体的に書かせて頂きました。

同じ手取り13万円でも、家賃が無料という協力隊はかなり恵まれていますね!

生活の質で見ていくと贅沢はそんなにできませんが、良いのではないかと思っています!

何度も繰り返しますが、さいごに言わせて下さい!

固定費を見直す前にまず自分自身の収入と向き合う事が大事だと思います。

そして何のために固定費を見直すのか、「浮いたお金」で何をしたいのか、明確な目標を持つ事が大事だと思います。

次のステップとして、月々の固定費を一円単位で書き出す事、知る事、現実を受け止める事が大事です!

そうしたらこれは「本当に必要なのか?」と疑問に感じ「無駄」が見えてくるはずです。

ここまでできたら「その無駄」を徹底的に潰していくだけです!

固定費を見直す大事さが伝わりましたでしょうか。

月々のお金が浮いて、順調に貯金ができていくと「やりたい事」が見つかった時に最速で動く事ができるようになると考えています。

現に僕自身の経験として、山形に拠点を移した際もかなり「お金」がかかっています。

色々厳しい時代で大変ですが、心に余裕を保つためにある程度の蓄えは必要だと考えています。

現時点でそこまで困っていないけど、っていう方も固定費を見直しする事で損はしない内容だと思います。。

一度、是非やってみてください!必ず生活が変わるはずです。

ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. てつ より:

    固定費の見直しは大事だね、俺も全部楽天カードで支払ってるよ笑

    • 裕介 より:

      楽天ポイントゲッターとしていつでもアドバイスするよ笑

      楽天最高だよね、楽天トラベルとかでも使えるし!
      いつか旅行行くって決めてるんだけど、一人で使うのはもったいないって思っちゃうからなかなか汗